製品情報

FXC3001F

10BASE-T/100BASE-TX to 100BASE-FX(SC, SMF)
1芯スマートメディアコンバータ

FTTB、FTTHに最適なメディアコンバータ

FXC3001Fは、10/100BASE-TX RJ-45ポートと、100BASE-FX WDMポートを装備し、RJ-45とファイバを変換する簡易なCPE装置です。
最長15キロの光ファイバー接続を確保し、ファイバ・トゥ・ザ・ビルディング(FTTB)やファイバ・トゥ・ザ・ホーム(FTTH)の宅内に設置します。

製品の特徴

  • 低消費電力設計 最大5W以下の消費電力
  • ファイバは装置内部にスプライスコネクタを装備
  • 1芯双方向接続が可能 SMF@1310nmの送信 SC/SPC
  • 各LEDにて装置異常や接続確認ができます。
  • ストア&フォワードで転送にてエラーフレームを転送しません。
  • MACアドレス学習数は最大2000個
  • 最大フレーム長は1535Bytes

仕様

標準規格 IEEE802.3、IEEE802.3u、IEEE802.3x
データ転送速度 10/100Mbps(CSMA/CD)
ファイバポート 100BASE-FX シングルポート ×1ポート
SC/SPCコネクタ @1310nm
接続距離 :15Km
ファイバ入出力 送信レベル -8 ~ -14dBm
受信レベル -8 ~ -30dBm
イーサネットポート 10BASE-T/100BASE-TX ×1ポート
(MDI/MDI-X自動切替)
Duplex Full/Half(1000MはFullのみ)
Auto Negotiation
使用ケーブル 100BASE-FX 9/125um SMF (ITU-T G.652)
10BASE-T UTPカテゴリ3以上
100BASE-TX UTPカテゴリ5以上
機能 スイッチングモード ストア&フォワード方式
スループット 100M⇔100M 148,800pps(64Byte)
10M⇔10M 14,880pps(64Byte)
総帯域幅 125Mbps
バッファ容量 196Kbyte/unit
MACアドレス登録数 2K個(最大)
最大フレーム長 1,535byte
リンクパススルー Enable
LED表示/ボタン 本体 PWR(緑/橙)、Diag(緑/橙)
ポート RJ Link/Act (緑/橙)
ポート ファイバ Link/Act (緑/橙)
LoopBackTest 点灯
電源 定格入力電圧/周波数 AC100-240V、50/60Hz
最大入力電流 1.0A
最大消費電力 5W
最大発熱量 4.5kcal/h
環境条件 動作時温度/湿度 0℃~50℃/5~90%
※結露なきこと
保管時温度/湿度 -40℃~70℃/90%以下
※結露なきこと
外形寸法 110mm(W) ×180mm(D) ×35mm(H)
※1Uサイズ
重量 0.5kg
適合性 EMI規格 VCCIクラスB
環境 RoHS指令準拠
信頼性 MTBF 230,335h (25℃ 常温時)
同梱物 ACアダプタ、ゴム足4個、マニュアル、保証書

Page Top

製品情報
サポート
会社案内