ニュース

「Interop Tokyo 2019」 開催直前のお知らせ

2019/06/05

※FXC開発技術者によるShownetスポンサーステージ講演時間について変更がございました。

FXCは、2019年6月12日(水)~14日(金)幕張メッセで開催される、世界最大規模のネットワーク・コンピューティングイベント「Interop Tokyo 2019」に出展いたします。
今回FXCブースでは、課題解決をテーマに、WDM製品、11ac対応無線LANルータ、Kempロードマスターなど多数の製品を展示させていただきます。

また、弊社の製品開発グループの技術者がShowNetステージで講演を行うこととなりました。ブース及び、ShowNetステージにもぜひお越しください!

ご来場の際には、FXC株式会社ブース(小間番号- 6A18)にお立ち寄り下さい。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

【会場MAP】

Inteop2019Map

【展示会概要】

◆会期
:2019年6月12日(水)~ 6月14日(金)
10:00(12日は10:30)~18:00(14日は17:00)
◆会場
:幕張メッセ(国際展示場)
FXCブース小間番号-6A18
◆入場料
:5,000円(事前登録により無料)、プレミアムカンファレンス有料
◆主催
:Interop Tokyo 実行委員会
◆公式URL
https://www.interop.jp/

【Shownetスポンサーステージ 講演概要】

◆テーマ
:Ethernetの体調不良をすぐに診断!
~OAMで測定機いらずのL2常時監視やってみた~
◆講演概要
:・流行らなかった技術?OAMとは?
・Link OAM/CFM OAMの差を知っていますか?
・実は超使えるOAM
・測定器不要?!実運用ではこう使える!
※講演内容は一部変更となる可能性があります。
◆日程
:6月14日(金)14:00~14:20  14:30~14:50
◆講演者
:FXC株式会社 開発グループ 牛澤 晋

<コラボレーション企画>

FXC x 富士通コンポーネント株式会社 様

FXCの世界最小メディアコンバータ「LEX1881-1F」と、富士通コンポーネント社製のデジタルマルチユーザーKVMとして使用可能な4Kデジタルビデオ信号対応IP遠隔ユニットを接続し、長距離通信デモをお見せいたします。

<その他展示>

WDM /映像伝送ソリューション

LE100ADS」と1Uサイズという最小スペースの200G光伝送装置、「LE200DC」をご紹介いたします。

Ethernet OAM /光伝送ソリューション

FXCのハイエンド製品、Ethernet OAM対応 メディアコンバータシリーズ「LEX3000シリーズ」のメディアコンバータ・DC電源モジュール・SNMP管理カードを初披露!

無線LANソリューション

情報コンセント内に埋込み、省スペースで快適な無線LAN環境を提供する小型無線LANルータ「AE1041シリーズ」「AE1051シリーズ」とPoEスイッチとの機能を交えてご紹介します!

サーバ関連ソリューション

Kemp社製の「LoadMaster」が、ShowNetブースでコンテンツサーバーを負荷分散しています。
そのLoadMasterを管理するシステムをFXCブースにてご紹介いたします。

Page Top

製品情報
サポート
会社案内